ウクライナ日本大使館2013年7月28日〜7月30日

直前に元彼女が行かないと言い出し(これくらいは既に予想済み)一人で行くことにしました。まあ、一人なら席は2時間まえならあるだろうと思って早めに行って買った。23時10分発
13時間で着くから、トランスドニエステル経由だろうと。。。国境が曲者なので不安なんだよね、自分だけパスポート返って来ない状況で電車が動きだしたり。あなたは、ウクライナに入国出来ないとか事前に言われたり。
元彼女曰く必ず、コンパートメントじゃないとだめだからねと念を押された、しきいのない車両だと泥棒に会うって言われたが、過去に乗った時は乗客が少なかったからかな?
コンパートメントじゃ無い方は2階席だから、荷物パクラれそうなので、高いがコンパートメントにした。こっちはこっちでガラ空きで、それも国境でいちゃもんつけられそうなので嫌だったので、両脇が人が入る場所にしてもらったのに、いざ行ってみると、前を歩いてる家族連れに占領された。

今日の午前中、空手の試験相手で組み手をやって、背中と肋骨痛めたから、痛いです。

警察沙汰にしてる件(正式には被害届は出してないけど、参考に詳しく説明した紙は警察署にコピーがある)(双子の女に携帯電話2台とお金返してもらえないが、奴等は逆にこっちを訴えるって言って来た。まあウソ話をデッチあげるしかないだろうけど)が有る為に、モルドバ再入国や出国が不安でね、ウクライナ入国までは一つ目の課題であったが。反対に帰りの入国時は忘れていた。
何故、被害届を出してないかと言うと、クリスティーナが交渉するとか言うし、まあこっちも当てにしてないが。それと、奴等がウソの届出出したら、入国出来ないかも知れない不安もあり、色々考えた。出国させないのか?再入国させないのか?どのパターンがいいのか?モルドバに入国出来ないのもアウトだし、入国時に拘束または出国時に拘束?でも警察官は自分の携帯電話番号知ってるし、本気になればとっくに取調べ受けてるだろうし。訴えるって、ただの脅しかな?とか。。。。。入国出来ないよりは、モルドバ側で拘束された方がいいかなと。

キシナウの駅から3つ停まってティラスポールに着いたが、その後そのままウクライナ入国かよ。暗闇に機関銃構えた軍人が隠れてる場所でパスポートチェックじゃないのか?それと、意味不明な通行料だかビザ代(安い)もとらないのか?モルドバ人には厳しいし、そのモルドバに長期滞在してるオイラにはもっと厳しいはずじゃ。。。
まあモルドバ出国スタンプ無しでも、入国はティラスポール経由でも毎回モルドバの入国スタンプはくれてたから、まあいいかなって。
いきなりウクライナの入国審査の紙わたされるし。ウクライナ語か英語で書けって書いてあったがロシア語で書いた。
ウクライナ入国はまともだけど、警察犬を何度も自分の周りを調べさせてるし、都合15分くらいかな?探せ探せってね。ブルガリア入国とかも数時間だし怪しい人物らしい。

キエフの駅でメトロも場所を聞き、針を事前に用意したい為、メトロのтеатральная駅付近に市場があった気がしたのでそこで降りたら、地上に出る前に針を購入できた。10本セットも要らないのに。
いやーキエフの町は相変わらず綺麗だね。以前住んでた時はタバコ吸ってなかったから気がつかなかったけど、吸殻落ちてないし。ファーストフードの店でコーヒーを注文してちょっと休憩。値段も高くないし、店も綺麗。店員も親切だし。
日本大使館に着いたら休憩中だった、「休憩あるの?」って1階の警備員に言ったら、「当たり前だ」っていわれた。

向かえに有る美術館で時間潰そうと思ったら休みだし、その辺をウロウロ。
行ってみると、ずいぶんこじんまりした感じになってました。出稼ぎかなんかのお姉さん連中も誰も居ない。
3時間程居たけど、結局書類はそのまま。電話してからのほうがよかったかなと?後悔。
案内の紙は至る所に貼って有るが、ウクライナ語か日本語でしか書いてない。ロシア語は無い。

フレシャーチクを渡って西に食堂сталова(綺麗だからレストラン扱い?)探しながら歩いたら、юлия тимошенкоの開放を訴えるメンバーがテント張って待機してた。そこで、自分はティモシェンコ好きだからTシャツとか旗とか色々持ってるけど、その人が着てるTシャツ売ってるの?って聞いたら今は無い、その代わり小さなカレンダーと旗2本とかくれたので、お礼にみんなで食べてってキシナウの駅で買ったクッキーをあげたら喜んでくれた。
http://byut.com.ua/ウクライナ語のみ

歩き続きながら食堂探したけど無かった、民族衣装着てるレストランは有ったけど。地下鉄入り口のマックで食事。wifiも速い。

駅で電車待ってる間、無性にмаша(googleでмаша画像検索して)のぬいぐるみが欲しくなり購入。モルドバでも売ってるかも知れないが、駅で買うより高そうなので。

そうそう、地下鉄のエスカレーターの手を乗せるベルトは、上りも下りも若干速い。逆にルーマニアは遅かった気がする。だけどキエフの地下鉄はかなり深い所にあるから、乗ってる時間が長いから、何回も手を戻さなければならない。