ウクライナと同じで、変わった出来事や「フ〜ンあっそ、だから?」って内容です。
2月7日
(月)
今日はモルドバの女の子(ルーマニアで同じ教室の)と会える日で朝からワクワクしていたが、朝トロリーバスのコントローラーに学生証を持ってないのに、学生の定期券を見せたので強制的に次のバス停で降ろされ、罰金を摂られた。5レイ約45円。「学生証が無いのは、金曜日に住所証明を作るためにパスポートと交換しているから。」と言ってもダメだった。(他の女子学生も降ろされ罰金払ってた。)
夜、2時間ほどモルドバの女の子とデパートのレストランで話をした。(ルーマニア語ロシア語英語を混ぜて話しても通じるからイイね。)
2月8日(火)
健康診断を受けるため、朝一で指定の病院を探すが、なかなか見つからない。色々な人に聞くが、行くところ、みなチョッと違う。学校に言われた道には無いらしい。
そもそも場所が違うらしく、ここからバスとか乗って行かないと遠いと言われた。マルシルートカに乗って運転手に聞いたら知ってるっていうし。
行って見ると街の北の方向だし、HIVの検査しか出来ないって言うけど、検査は強制なのでやってもらうことに。26レイ234円。次の日結果が解る。
2月9日(水)
朝一で結果を取りに行き、学校に提出するが。なんか違う所で検査したらしく、やっぱりその他の項目全部検査しないといけないらしい。
都内の市立病院の健康診断書にアポスティーユの書類が付いてるのを学校に提出してあるが。モルドバの病院じゃないとダメだって、あっそ。
トルコ人に午後、場所を教えてもらった。もの凄いわかり難い場所で、全然病院らしくないし、これじゃあ皆知らなくて当然だよって場所だった。
HIV以外の検査代を払って、明日の朝検査。192レイ1728円。
2月10日(木)
今日もトロリーバスの罰金払わされた。悔しいからキエフの学生証見せたら、写真のスタンプが消えれるからダメと言われた。
病院でなんか変だと思ってたが、HIVの所持してない合格証の自分の名前が間違ってのに気が付いて、またややこしい。
で、何故かココで再発行してくれたが、今度は名前のすぐ後ろにASIAって書かれてるし・・・・。
レントゲン撮ったり、血を抜いたりその他部屋を廻る。
ほとんどの看護婦さん話すの速過ぎ、聞き取るのに疲れた。
明日12時に来てって言われた。1日で終らないらしい。
最後にトイレがどうのこうの言われたが、全然意味がわからん?検尿じゃなさそうだし。今日は帰っていいね?と確認して帰る。
2月11日(金)
別の看護婦さんに昨日の謎を聞いたが、3階に行けって言われた。行くと10レイ払わされ、スタンプを押してくれた。
昨日のトイレの意味が気になるけど・・・。
証書は再々発行してもらい、やっと自分の名前になった。
今日も色々な部屋に何度も行き、どうにかスタンプが全部埋まった。
最後の医院長みたいな人の部屋で。かなりしつこく賄賂を要求された。何が言いたいか直ぐわかったが、nu am inteles理解できません を連呼しても全然諦める気配が無く。日本円をもってこいとか、お菓子チョコレートを来週もってこいとか。あなたは感謝しなければならないとか言うし。
この人が、かばんから何か出して賄賂の説明しようとした時に、看護婦が部屋に入ってきたので、そのすきに。じゃあねバイバイって出て来ました。
最低だなココの医院長。廊下で待ってる人に、この話を言いふらす
学校に戻り、スタンプの埋まった紙と証書を渡すが、血液検査のRH+とかの検査用紙が無いじゃんって言われた。
ていうか、貰ってないから見てないんですけど・・・・。
月曜で良いって言われたが、いちお病院に行ったら。担当の3階がしまってたので、やっぱ月曜に来なさいとのこと。しかも、、また血を抜くらしい。
カッターの歯みたいなやつで、グサって刺されるから、かなり痛いんだな。(ウクライナも同じ)
●公園でアメリカ人学生が捕まってた、案の定自分もパスポートチェックされた、ちゃんと住所証明もあるし。ん〜意外と久々。
2月14日(月)
朝一で病院に行って、もしかしたらデータが残ってるかもしれないので、あちこち廻ってみるが、そもそも別の検査項目らしく、追加料金払いまた血を抜かれた。痛いじゃないか。
2月25日(金)
トロリーバス内で前回2回罰金を払った男コントローラーが乗ってきた。
目が合ったらウインクしてきたキモ悪。奴は罰金を取るつもりでいるらしい。しかし今日は学生証があるので余裕。
常駐のコントローラーに運賃払ったか(払うわけ無いだろ定期券があるから)、さり気なく確認してるのバレバレ。で、後ろから別の女コントローラーが検査に着たので定期券と学生証を見せたら、OKだった。ザマーみろ。
でこの男が自分にも見せろと言ってきたので、見せてあげた。この前2回5レイ払ったと言ったら、周りに居た乗客に説明(せんで良いのに)してた。チョッとスッキリした。
●罰金徴収のコントローラーが乗ってくると、一斉に人がバスから降りるから、初めは車内で、何か起こったと思ったが、今は慣れた。
●常駐のコントローラーって太ったオバサン多いから迷惑。超混雑してるバス内を、バス停毎に行ったり着たりして運賃回収するから。お姉さん(滅多に会わないけど)もいるけど。
3月某日
●バッテリーが弱くなったし、反応しない時が多くなったので携帯電話の新しい奴欲しくなった。
自分はカメラ無しのモトローラー(パカパカ)が良いけど、ロシアの電話雑誌が店に置いてあって、ロシア価格よりだいぶ値段が高い。モトローラーは殆どの店に置いてない。他のメーカーは興味無いので知らない。パカパカdeschis(ルーマニア語で開く)って言うらしい。
どの店も値段は同じで競争と言う概念が無いらしい、みんなして値引きしない
モルドバ人通話代払えないから誰も電話してないし、掛かってこない。しかし、みんなテーブルの上とかに置いて見せびらかす。電話してるフリしてる奴とか多いので笑ってしまう。馬鹿みたいだよ。バスの中では当然大声。着信あっても直ぐ出ないのでかなりウルサイ。そもそも高い電話機をどうやって買ったのか不思議。こそこそ電話してたら、トルコ人が堂々と電話すればだって。
モルドバの子にはワン切りで良いからって言ってあるけど、何故か他の奴までみんなワン切り。アノ〜親しくないんですけど・・・ズウズウしいなあ。
●ルーマニア(都会)から帰ってきたらモルドバ(田舎)って悲しくなってきた。ブカレスト大好き、地方も大好き。
●パスポートチェックがウザイ。あんたたち警官が一番怪しいくせして。みんなムサ(ロシア語?でゴミ)って言ってます。絶対パスポート直ぐ返してくれないし、毎回自分でフンダクルようにしてます。
ずっと前、ディスコの2階の席で複数のトルコ人と居たら。後ろに怪しい2人組みが居て、1時間以上経ってから警察だって言われ、パスポート要求された。いちお向こうから先に身分証見せてきた、何でここに居るの?暇人。
3月27日(日)
テレビで座と市やってるけど、ロシア語だから何か変です。womans dayの夜は、タイタニックやってたけどこれもロシア語だし。
4月5日(火)
初めてこのパソコンをモルドバでネットカフェに持ち込んだ。古いけど、みんなしてジロジロ。IPアドレス以外がよく解からなくて接続に時間が掛かった。店の人に、色々日本に関して質問されてうるさい。何故かホームページ更新できない。
モルドバのネットカフェのセキュリティーだけはすごいよ、他の店はメール・サインインできないくらい、クッキー制御してたり。ゴミ箱に捨てれないようになってたり、一時的に作ったホルダーも移動できないとか、全ての画像とかはダウンロード出来ないとか。イライラするから体に悪い。
4月9日(土)
トルコ人とディスコの後自分の家に帰る。クラスのトルコ人が自分の家が大勢トルコ人が居てうるさいから、一緒に住まわせてって言ってきた。給湯器のお湯の栓開けるから、各他人の家にお湯が行っちゃったよ、しかも2回(タンクが大きいから直ぐ熱くならない)。注意したのに、トイレも2回詰まらせた。先が思いやられる。
ちょっと2時間ほど外出して帰ってきたら。自分のカバンとか漁った形跡が有り、困ったもんだ。そこらじゅう、ヤサガシした跡。パソコンも触るなと言ってあるのに、出していじってた。
ちょっと前に、800ドルとモルドバのお金1万円分位とパスポート以外の身分証盗まれたらしい。だから授業料払ってない、親が送ったのか知らんが、トルコは今大きな祭りの最中で銀行は休みらしい。だからお金は降ろせないって言うから、貸しちゃったよ。500レイ4500円くらい。
こいつも最近、ワン切りしてくる。
4月11日(月)
日本でも映画館なんて行かないのに、今日行って来ました。son of the mask って言うのだけど、初めのなのか?2作目なのか?始まる直前、電話の着信音切ったら丁度友達から電話掛かってきて、外で話したので解からない。そこそこお客は居たよ。最後の字幕とか、すでに電気点けてるし。
ココの映画館全部ロシア語なので、一緒に行った女の子も良くわからないって言ってた。一人135円で安いから時間つぶしにいいね、またこよ。
4月13日(水)

優秀なトルコ人に今祭りかどうか聞いたら、そんな祭りは無いらしい。学校から帰ると、出かけてるみたい、ガスが点けっ放し。ふざけるな。
空手から帰ってきたら、トルコ人のカバンなくなってた。ゴミはそのまま。
タダで、人の家に住んで、勝手に出てって連絡なし。電話代請求しないと。風呂場の床のカーペットが水浸し。しかも、石鹸を大量に使ってこのカーペットをなんかしたみたい。泡がすごくすべるし、ぬるぬるキモ悪。デカイ石鹸半分くらい無くなってた。乾くのに1週間くらいかかった。
4月25日(月)
今日も空手の帰りにいつものピザ屋で休憩してると、警察がウロウロしてて、パトカーに乗ってる人達も来て、全部で4人ピザ屋に入ってきた。以前も入ってきたが、しばらくして帰って行ったが、今回は食事しだした。★店の子にお金払うのか聞いたら払わないって言ってた。帰るときにずーと見てたが全然払う気は無く普通にオーナーと話しして帰った。
後で、奴らは幾ら分食事したか聞いたが教えてくれなかった。一人あたり、たぶん自分が普段食べてる半分くらいだけど。
これが、モルドバの最も悪いしきたり。
インターネットやって帰る警察官も多い。脅されてこれらは、タダなの不明。
4月27日(水)
今日の罰金徴収のコントローラー爺さんはしつこかった。全然不備が無いのに罰金取りたいみたいだったし。ゴミ野郎って言いそうになった。
学校で「暇人ですか?」とか馬鹿にした言い方を教えてもらったので、今度ウザイ奴に有ったら言ってみます。
5月某日
●最近雨が降るけど、意外と傘さしてる人が多いので驚いた。
●4月二十日あたりの強烈に寒い日(ウクライナは雪が降った)に、バーでビール飲んだらグラスが割れてて、たぶんそれがノドに刺さってるから、ずっとノドが痛い。口の中からガラスの欠片を取るときに指から血が出た、その時の小さい欠片が指に入ってる。この国の病院は最低なので帰国するまで我慢する予定。
●「怨念」とか言う映画がロシアの局で最近何回も繰り返しやってる。日本で見ると怖いかも知れないけど、外国で見ると何故か怖くない。
5月9日(月)愚痴
12月前半にウクライナの寮に住んでる時に、モルドバ人に貸したMDを返してもらった。数日前にモルドバに帰って来たので会いに行ったが、その時「寮に置いてきた」って言ってた。嘘だとわかってるが、それで良いにしてしまったが。MDに入ってるルーマニアの曲聞きたくなってイライラしてきたし。やはりこういうのはチャンとしないといけないと思い、今日回収に行って来た。
「信じてとか、嘘じゃ無いよ」とか延々説明してきたが、こっちは「自宅に有る」はずの一点張り。「じゃあウクライナで返すから、保証金として100ドル位お金よこせ」って言ったら、案の状「お金は無い」と言ってきたので、「100ドルなんか安い金じゃん」って馬鹿にしてみる。「じゃあ親に言って説明してくるよ」って言ったら、「実は家に有る」ってやっと白状した。しかし、イヤホン壊されてて、汚い別なのがついてた。
●こいつは以前から、PCを貸してってしつこいから、貸すたびに、設定を変えるな・ソフトをインストールするなって言っても必ず守らない。必ず設定はむちゃくちゃ変える。インストールしまくり。日本語PCなのに適当に使ってる。
●このPCを何回もリストアしても、正常に動かなくなって、(いまだに)直ぐにリソースが足りません表示が出るようになってしまった。そのくせ、このPCは遅すぎるって散々言っておきながら、クレクレうるさいし。
●奴はo-zoneのデカイ男と親戚らしい、自分のMDにイチイチなんか書き込んだので消せと言ったら、前CDの曲3曲も消しやがった。
デジカメといい、自分っておひとよしかな。もう貸すのはやめようと決めました。
5月10日(火)愚痴
学校の帰りにイヤホン買いに行ったら。日本のメーカーの耳に掛けるタイプがあったので買った。本当は小さい普通のが良かったけど。偽者かどうか?パッケージとかもちゃんと確認して買ったが、何故かたった270円。で家で、こいつ(上の奴)が以前、「MDディスク消してもイイ奴貸して」と言って来て貸したけど、「やっぱイイや」って返してきたMDを聞いてみたら、変な雑音が多い音楽に変わってた、でそれを消去しようとしたら、ネットMDで録音したから、プロテクトが掛かってるから自分のMDでは消去できなくなってた。
もう何処まで好き勝手にやってんだか。あきれた。
金の無い奴に貸すと、弁償も出来ないから貸すほうが悪いか?日本人からすれば特別高いものじゃないから、皆普通に持ってるけど・・・・。
5月11日(水)
ノドに刺さってる、ガラスが痛いため。市場で硬い細いホースを買ってきて、掃除機にくっつけて鏡を見ながら、懐中電灯で照らしてノドチンコの横の白い点を吸わせようとするが、難しい。何回かやってたら、楽になったような気がしたが。しかし、掃除機の先を細くして、空気がまともに吸えない状態で使ってたので、煙噴いて掃除機が壊れちゃった。大家に電気代とか色々ぼられてるので黙っておこう。
5月12日(木)
昨日、先生がまだ痛かったら病院へ行こうと言ってくれてたので、朝一で一緒に行ってもらいました。
医者は口には刺さって無いって言ってるけど、昨日掃除機で吸わせようとしてから、ノドの奥の方が痛いって言うの忘れちゃった。
5日後にまた来てねだって。コップ食べちゃダメだよって言われた。
5月17日(火)
朝、先生と2ヶ所病院へ行った。学校に戻る途中偶然аэрофлотアエロフロートロシアン航空のオフィスを見つけた、ウクライナの航空会社はモルドバにはアエロフロートのオフィスは無いって言ってたけど、いちおココにも在るのね。出国日変更とかリコンファームしないといけないから、丁度良かった。
5月20日(金)
朝一で病院へ行く時、雨が降ってきたので木の下以外は走っていた、で病院の角で走った瞬間、警察が止まれって言ってパスポートチェック。一人の警官に止められるなんてついてないぜ。無視したけど見せろってウルサイから見せた。パスポートの調べ方、慌ててるあんたの方が挙動不信だよ。先に身分証見せろって言ってみれば良かったかな。
診察は直ぐ終ったが、全然関係ないモルドバについての世間話が長かった。「日本人に会ったこと無いでしょ?」って聞いたら「ここで会った」って言われた。
空手教室に行ったら、今日はgymnastica体操やってるから休みって言われた。いつも急だね、事前に教えてよ、一昨日休んだけどさ。
5月21日(土)
今日はノドが痛くないが、まだ引っ掛かってる様な気がしないでもないが、とりあえず痛くは無い。刺さってから1月経ったね。
5月25日(水)
学校帰りのトロリーバスに、空手仲間の女の子達が乗ってきた。一緒に座って色々話して楽しかったが、やはり近くの数人が聞き耳立ててる。しばらく経ったら、上(電線)で大きな音がしてトロリーバスが止まっちゃった。みんなココで降りたけど、女の子達も2つ先のバス停(1キロ位)まで歩こうって言うから一緒に歩く。もう一度別のに乗らないの?って言うか運賃返してやれよって感じ。何にもない、森?林?みたいな所で、降ろしやがって。
前日に、posta(郵便局)EMS(国際郵便)の値段とか聞いてきたので、CD・本・服をまとめて持って行く途中、トロリーバスが故障で停まった所では、他のトロリーバスも2台故障で止まってた。やはり電線が悪いみたい。
郵便局では、CDも1つ1つ開けて2枚入って無いかとか調べられた。重さが9キロ丁度(ついでに自分の体重も量らしてもらう)で、1週間後到着予定。1100レイ(9900円)+箱代5レイ。ルーマニアから送った時は、12キロで箱も大きかったのにもっと安かった。ルーマニアと違ってテープ・ハサミなど持参しなくて良いから楽。もの凄く頑丈にテープで梱包してくれたうえに、ヒモで縛って鉛で封印してるから。無事に日本に着く様な気がしてきた。後日、日本の税関で開封されたって書かれて、無事に到着したらしい。
5月26日(木)
洗濯屋に洗濯物を取りに行くと。自分の手提げ袋の中にレントゲンの写真が・・・・・。別に気持ち悪くないけど・・・そんなの入れるなよ〜。
なんでココにそんな物が在るの?レントゲン撮ってしまえば、もう用が無いからくれるのか?
5月27日(金)
センターの広場で乗用車オペルとトラックIVECOの展示会やってるので、学校の後、家に帰りデジカメを取ってくる。乗用車なんか全然興味無いので、トラックの周りをウロウロ。変な人と思われたかもしれん。
超低床のトレーラーとかあるし、カッコイイ。しかし何を引っ張るんだか、こんなにカプラ−低くて。その横に在るのは、超高床トレーラーだし。
こっちって新型なのにディスチャージライトじゃないのね、日本のトラックだけなのかな。暗い道が殆どだから疲れそう。
その後、トルコ人に電話して近くで合流して話しをして、空手の時間がきたので別れる。
5月31日(火)
朝は文化放送の電話インタビュー出演。
夕方、友達が家にきて、チェルノブイリが原発事故をしたから窓を閉めろって言われた。今日はモルドバの方角に風が吹いてるし、もうじき雨が降って、放射能を浴びると言っていた。急に雲ゆきが怪しくなり何故か虹が出てるし。しかし「テレビでもやって無いじゃん」って言ったら、「テレビで言うと皆がパニックになるから言わない」って言ってた。1986年の時もウクライナ政府は黙ってたので多くの人達が、普通に生活をして被爆した。
窓閉めてたけど、途中でどうでも良くなり、暑いから窓開けたけど。
ウクライナの寮の中国人に電話したら、「チェルノブイリって何処?」って言われた・・・。アトミックって単語も知らなかった。・・・もういいやガチャ。
ロシア語の先生に、この事を知ってるか電話したところ、「今は色々な国が監視してるので、もし事故があったらすぐに判ってしまう」って言ってた。だから事故は何かの間違えだと言っていた。
夜テレビで、チェルノブイリの原発のニュ−スやってたが、難しすぎて判らない。でも、別に騒いでなかったから危険じゃ無さそう。色々なところを測定してる映像とか、コンクリートが割れてる映像とか流してた。
6月某日
●最近、色々な人と良く会うので帰国が少し寂しくなった。大学に言って1月ビザ延長出来る様に招待状もらった。だから、またルーマニアに行かないと。
6月1日(水)
朝から水が出ない、昨日の夜は普通に使えたけど。学校から帰って来ても水は止まったまま。今日は空手の日だけど、風呂は入れないなら行くのやめようか考えたが、やっぱり行くことに。この辺一帯が全て水が出ないらしく、空手の後に行くピザ屋も水が出ないって言ってた。隣の区に住んでる先生に電話したら、水は使えるらしい。21時半過ぎにようやく水が出た、何でこんな時間?
6月5日(日)
女の子と映画を見てきたけど、何処の映画館もロシア語で難しい。何故か値段設定が沢山ある、一番安い225円。トリプルエックスXXX2とか言うアクション物。
6月7日(火)
アパートを探すため、色々な売り買い情報の新聞が、今日発売日なので買ってきて、家で女友達を待って電話掛けまくってもらったが、なかなか見つからないよ〜。このアパートの別の階段の部屋を見に行ったら、ココより綺麗だったけどさ・・・くさかった。
6月9日(木)
バカ大家が家に来るから待っていた、5月分の電気代払ってって証明書見せられた。2月分から毎月集金に来たけど、2月は知らない奴が大勢で住んでいたから色々高いし、3月しか暖房効いてないから、そもそも2月分払う筋合いもないし。
以前2月分の暖房費を払った後に文句言ったら、じゃあ3.4月分の電気代は払うって言ってきた。しかし、たぶん今日見せてきたこの電気代支払いの明細は、3か月分を足したのを自分で作ってそれをカラーコピーしてきた物みたい。普通の家で100レイとか言ってるのに340レイの請求書見せられた。一月日本より高い電気代な訳が無いだろ、テレビと電気も時々しか使ってないし、冷蔵庫は汚いから電源入れてないし。
手持ちの金が無いし、何で払わないといけないのって言ったら女が警察呼ぶとか脅された。でも手持ちが無いから明日で良いか聞いたら、男の方はいいと言うが、女は今払えってウルサイ。こんなケチナ大家が、タクシー代出すから街に行って金下ろして来いだって、こんなセコイ貧乏人がタクシー代出すなんておかしいね。
奴らの自宅の電話番号を検索すれば、住所判るからイタズラしに行きたい気もする。一戸建てを買って住んでるから、借金が多いって言ってた。
部屋も掃除してないから、いずれ掃除機(壊しちゃった)使うだろうからザマ〜ミロ。
6月10日(金)
学校から帰ってきて、新しいアパートの近くの洗濯屋に行くと、クリーニング屋だった。近くに居た婦人に聞くと、チョッと離れた所に有るらしいので行ってみることに。色々な人に道を尋ねて探し廻ったら、何も無い殺風景な所に見えてきた、と思ったら。
路上でモルドバの女の子(ルーマニアで同じ教室の)偶然出合った。急いで洗濯屋に行くから待っててもらうが、やはりココもクリーニング屋だった。その後バス停まで長い距離を一緒に歩く。今日学校で、偶然って単語、辞書で見てノートに控えたが、ルーマニアに行くから勉強道具は全て学校に置いてきたし思い出せない、だから「しばらく会ってませんでしたね」くらいしか思い出せなかったよ。
以前ちょっとあって連絡とらないでいたが、彼女は怒ってなかったので、仲直りして再び友達になってもらう。こんな何も無い、人も居ない所で会うなんてもの凄い偶然で嬉しいから、しゃべりまくる。
6月11日(土)
午前中、以前の洗濯屋にトロリーバスでわざわざ行く。その後、ピザ屋で朝からビールを飲んで、店の子の朝食を少し貰う。
友達と家の近くで合流して、市場でチャーハンを作る野菜を買ってくる。ご飯が柔らかくなり過ぎて失敗したけど、美味しいって言ってくれた。
大学の招待状を見せようと探したが無かった、そういえばノートの間に挟んだ記憶が・・・全部学校に置いてきた・・月曜日に大使館行く予定だったのに〜。先生に電話して月曜日は授業出るから、火曜日休みますって電話する。
6月13日(月)〜15日(水)
ルーマニアの旅行を読んで。
6月16日(木)
授業の後、モルドバの女の子(ルーマニアで同じ教室の)に電話すると。「あなたの日」って言われた。チャンと誕生日を覚えて居てくれた様だ。早速モルドバ大使館員の話しをすると笑ってた。
6月17日(金)最後の授業
前日の夜に先生にあげる花束を買って置いて、30分早く着き教室に隠して置くつもりだったが、9階のドアが2ヶ所閉まっていて教室に行けない。そうこうしてるうちに先生が来てしまったので、この時点で花束渡しちゃった。喜んでくれたから良かったけど。トルコ人が勝手に居なくなって、個別指導になったので学力がついた。授業の前に、毎回昨日あった事などについて話すのが日課になったのも、自分的には良かったと思う。(強制じゃなくて自分から勝手にベラベラ)
2週間ぶりに空手教室に行く。なぜ2週間ぶりかって?そんな事言えないよ、秘密です。
6月19日(日)
心霊現象は面白情報の所に書いたよ。
6月20日(月)
学校の事務所に行き、ロシア語試験の合格証を貰いに行ったら、大学の図書館とか視聴覚室とか学部長と何故か寮のスタンプ貰って来てと言われた。ってか、何で寮の管理者のスタンプが要るの?住所登録が寮になってるから?
図書館2ヶ所、視聴覚室2ヶ所行き、学部長からのサインを貰って、マルシルートカに乗って寮まで。手持ちのお金、1レイちょっとと100レイ札だったから、1レイちょっとで乗せてくれたし、降りる所も教えてくれた。寮の外観も中も、もの凄く綺麗だった。
学校に戻ったら、パスポートと交換で証明書をコピー取りに行かされた。やっと証明書を貰ったら、今度は預かってた書類全部返すから、全部コピー取ってこいだって。何でこう、効率悪いのが好きなのかな。女の子待たせてるから、もうイイ明日また来ることに。
女の子からピアス貰った。チョイ嬉しい。
6月24日(金)リコンファーム
以前見つけたаэрофлотアエロフロートって大きく書いてあるのオフィスに行ったら、ここじゃ変更できないから別の場所を紹介された。そこへ行くと、今度はトランスアエロって所へ行けって言われて、行ったらチャンとスケジュールを教えてくれたし、予約確定のシールを貼ってくれた。しかし、モスクワのシェレメーチェボ空港шереметьевоで何時間も何をしたら良いか判らない。キエフ発は全部朝しか無いらしい。
その後、向かえにある教会に入って見学してきました。
6月27日(月)大学探し
午前中に、大学で返してもらった書類やロシア語の証明書を持って、国立大学に話しを聞きに行ったら、この証明書で入学は出来るけど、授業料が2000ドルって言うからとりあえず別の大学を探すことに。別の大学へ行ったら、文学部は無いって言われたけど、近くに在る聞いた(空手に来てる学生から)事がある大学名を教えてもらったので行ってみることに。廊下に着物着た人の写真とか有った。年間5000レイで、手続きは7月1日に来なさいって言われた。
夕方、ロシア語の先生に電話して、他に大学は無いか聞く。
6月28日(火)大学探し
国立IonGreanga大学に話しを聞きに行ったら、学部長が居なかったので別の大学に話しを聞きに行くこと。国立Tiraspol大学の学部長は、感じのイイ人だった。色々比べてから又来なさいだって、そうしたら書類作ってくれるって。年間650ドル
バス停横の手動のジュース販売機でジュース飲んでたら、大きな建物の横にcantina,столовая(食堂)って書いて有るのを発見。今ジュース飲んだし、家で食事してきたけど。コレは行かない訳にはいかないので行くことに。中はかなり綺麗で広かった。こういう大衆の場所が大好きだけど、客は1人しか居ない。てんぷらみたいな肉を2種類とシャランカ(具が多いスープ)を頼んだ、追加で(見た目)怪しいジュースも。お腹一杯だったけど、シャランカが美味しかった。何の建物か不思議だったけど、外に出ると裏は工場になってた。遠いけど、またこよう。
7月1日(金)
なるべく夜寝たくないので、ホームページに絵などを入れて工夫して時間を潰してみる。心霊現象の所のカボチャが動くよう(今は無いです)に作ってたら、その間にも、ベットの部屋でパチパチ音がしだした。起きている時の中では、一番回数が多かった。(怒ってるかと思ったくらい)
5時くらいになって、外は段々明るくなったので寝ることに。電気を消して寝てたら、もの凄くシツコイくらい頭の横の机で音がする。日本語で、念じてみるが収まらないので、ロシア語ルーマニア語で念じてみるが全然ダメ。しばらくしたら、今度はガスの様な臭いが時々してきて、もうダメだと思った。お化けが出るときは、玉ねぎが腐った臭いがするってのを直ぐに思いついたから、余計に怖かった。
7月4日(月)
前日、大家に電話して幽霊の話をしたら、月曜の夜泊まりに行くって言ってきた。2人で居ると音はしないと思うし、グッスリ寝られたら音は聞き取れないだろうし、訳わからん事を言うな〜と思った。幽霊とか信じてない人からすると、自分のほうが訳わからん人間と思ってるだろうけどサ。
友達は遊びに来たけど、しばらくしたら帰った。夜大家から電話が有り、「行かなくていいよね」って言って来た、だろうと思った。ついでに、幽霊が居ると思ってるなら病院へ行けって言われた。
7月6日(水)
前日に撮ったピザ屋の子の写真と、大学に出す自分の写真を撮りにカメラ屋に。ピザ屋の子に渡すととても喜んでくれた。しばらくすると、空手仲間の女の子から電話があり、近くに居るとの事でこのピザ屋に来てもらった。すると、偶然ここで働いてる子と友達だったみたいで盛り上がってた。
夜は、別の空手の女の子から、携帯電話でルーマニア語を日本語に訳してってメールが来た。もう延々と続き、今度は電話が掛かってきたから、ロシア語で書いて(ルーマニア語〜ロシア語の辞書しかないから)って言ったら、今度はアルファベットでロシア語書いてくるから難しい。
あの〜キリル文字で書いてくれないと、ロシア語の意味が無いんですけど・・・。
しばらくして、キリル文字で入力出来ないってメールが来た。
●自分の携帯電話は押す所がロシア語とアルファベットで表示してあるから、ロシア語入力が簡単。ロシア仕様なので、表示もウクライナ語とかにできる。
●キリル文字が見れない携帯(□□って表示される)も在るから、多くの人がアルファベットでロシア語(読むのがチョイ難しい)書いてくる。自分がキリル文字で送っても、相手の電話はアルファベットに変換(ある意味凄い)されるやつとかも在る。
7月7日(木)
日付が変わっても、携帯での日本語訳は続いた。やっと終って寝ようとたら。今度は3月位に、一度あったことのある奴から電話が掛かってきて、カタコトの日本語で昔話(あみ笠じぞうを聞かされた。今度はその話を訳してだって。朝2時40分〜3時20分まで、ん〜かなり迷惑。勇気を出して、早めに寝ようと床についたのに〜。今日、暇か聞かれたので、新しい大学に行くって言ったら、なんとその大学の直ぐ近く(50メートル)がアパートらしく、一人で盛り上がってた。実際行ってみたら大学の真横(隣って言えよ、何が50メートルだ!おかげで探しちゃったじゃないか)じゃん、2回家に行ったけど、妹しか居なかった。