ウクライナと同じで、変わった出来事や「フ〜ンあっそ、だから?」って内容です。
9月2日(金)
午前中にアパート情報が載ってる新聞と地図を買って、授業の後に毎回寄っていた、スタローバヤで食事する。店の人に久ぶりだねって言われた。
意外とあっさり数件目で連絡が取れて、今すぐに見に行って良いか聞いたらイイらしい。
見るからに現地人じゃないと思ったら、アルメニア人で。1年分払ってって言うから、学生だから10ヶ月しか居ないから10ヶ月分今払ってって言われた。ウクライナに仕事で行くから、全額今払ってって言ってきた。1月150ドル
銀行のATMがあるところは人目につく所で、小額紙幣で出て来るのを知ってたので嫌だけど、仕方が無いからここで下ろすことに。10回に分けて19500レイ下ろす。えらい札束の厚さになったが、しょうがない。そのまま、両替して手持ちの7ドルを引いて。さらに、ユーロも使って1500ドル用意する。
そのままアパートに戻り、お金を払って。手書きでサインしてって言ったら、自分のパスポートをすべて書き写してくれた。しかし、今晩はここにまだ泊まるからカギは明日渡すと言われた。明日、朝10時にホテルに迎えに行くから待っててと約束する。
ホテルに戻って考えたら、実は別の大家が居て、金だけもらってドロンとか、色々不安になってきた。
9月3日(土)
10時の約束だったのに、20分位遅れてきたから騙されたと思った。
アパートに着いたら、前日には使っていいよと言っていた、皿とか色々な物はなくなってた。嘘つき。
9月5日(月)
大学事務所に行って、滞在登録してもらおうと思ったら。自分でして来なさいって言われた。しかも今日は月曜でやって無いといわれたし、土曜はやってるって言われた。ってことは土曜までに滞在登録しないといけなかったのね・・・。でも、2晩ホテルに泊まったからどうなるのかは微妙〜。
いちお滞在登録出来る所に行ったら、やはり閉まってた。近くの路上に居たパトカーの警察官に「今日中に滞在登録やらないといけないけどやってない、どうしたら良いか?」聞いたら、「明日開いてる」って言って来た。「明日じゃ3日以内じゃなくなる」って言ったら。警察官に賄賂を払えばイイとジェスチャーしてきた。警察署で出来るらしく行って見る事に。
行ったらやはり土曜日は開いてるから、土曜日までにやらないといけなかったらしい。ホテルに2晩泊まったって言ったら、ホテルの証明書に何日までって書いてなかったからダメみたい。パスポート預けられて、その証明書をもらって帰る。
9月6日(火)
朝9時に警察署行ってから、裁判所に行って罰金600レイ払って。その後、この警官と滞在登録に行く。大勢の人が待っていたが、「手数料41レイと賄賂合わせて100レイ払えば、すぐに手続きは終わる」と言って来た。悪いけど、賄賂払ってしまった。そうしたら、すぐに発行してくれた。それをもって大学の事務所に行く。
9月19日(月)
授業の後、大学事務所の人と一緒に、イミグレーションオフィスに行って、モルドバのパスポートの請求手続きをしに行った。偶然、前の大学の事務所の人達も後からやってきた。
来年、また戻って来なさいだって。
10月12日(水)
6月に偶然会ってから、あまり連絡取ってなかったモルドバの女の子(ルーマニアで同じ教室の)と久しぶりに会って話をする。
早速、モルドバ大使館員の話を色々する。
10月24日(月)
今日学校でAdeverinta de Imigrantってビザカード(5年間有効)を貰ってきた。明日は朝、入国管理に行ってプラスティックのカードを貰う予定。
いつものピザ屋でビールを飲んで帰る途中、警察官2人がパスポートコントロールしてきた。親しげに話掛けてきてキモ悪い。
まともな感じの警察官だったが、「ビールが飲みたい」って言ってきた。「仕事中でしょ?」「仕事終ったら飲ませて」って言ってきた。
待ってましたこの台詞

ここぞとばかりに、何で賄賂を払わないといけないの、ビールも賄賂も同じこと、と大声で。
若い警官は急にあせって、「я расскажу(話・物語り?)をするから聞いて」と。こいつは無視して、年上風の奴に「警察手帳と番号を見せろ(命令形)!日本大使館のウクライナに言ってやる」。小さい声で、「извинитеごめんなさい」を連呼してきた。日本大使館って台詞はかなり効くね。
そこに1人の若者が通ったので、「この人達は賄賂を要求してきたけど、外国人は払わないといけないの?」って質問したら。困った感じだった。すまん通りがかりの若い人。
2人して立ち去ろうとした時、男女2人が来たので、大声で話して言いか聞いたら、大きな声でごめんなさいを連呼して「家に帰りなさい」って言ってきた。
こんな馬鹿警察官が町中ウロウロ。日中はまともだけど、夜はニヤニヤして話掛けてくる奴がほとんど。
でも多分、ウクライナだったらこんなことは言えない雰囲気。モスクワも多分そうなんだろうな。モルドバはかなり間抜。
10月26(水)
今日の深夜から、ピザ屋で働いてる女の子2人と一緒に住むことに。(有料で)
初めは冗談だと思っていたが、本当にやって来た。
11月2日(水)
2つか前に、空手の先生にMETRO(会員制大型スーパー)のカードを借りていたので、クラスの友達と行って来ました。
雰囲気がルーマニアと同じジャンって思ってたら、中に入るとそうではなかった・・・。
CDはろくなのしかなく、CDラジカセも怪しいから欲しい物は無く。食品を買った。
出口で、買った商品チェックをして、レシートにスタンプを押してもらわないと出れないなんてモルドバのMETRO最低。
次に日、学校で皆がもう行かないと言っていた。
11月3日(木)
大家が、夕方電話修理の人が来るから家に居てと電話してきた。時間どうりに16時半調度にやって来た。すご〜い。
誰かが廊下にある配線を切ったみたいで、新しく引きなおすから100レイだと言ってきた。こういう風に何でも、丁度の金額だから本当に怪しいし、領収書も出せないって言ってた。大家に電話したら、あなたが払いなさいだって・・・。何で?
ついでに、2階の人に請求書が回ってしまう部品も新しい奴に交換してくれた。値段は変わらず100レイ。
11月4日(金)
夜中に彼女達が帰ってきた、ついでに知らん男も一人居た。
だから、約束違反だから出て行ってもらうことに。
夕方、2人に出て行く支度をさせる。
鍋いっぱいに作ってあった、ボルシチは食べてって言われたが、それももって家を出るように指示。田舎からの食べ物も全部持って行く様に。
悪くない方は言いずらそうに「お金ないから、返して」って言ってきたので100レイ返した。
その後「私達には家がないの」って言って少し涙出してたが、ココはキッパリ「知らない」。悪くない方は最後に謝ってくれて、握手で別れたけど・・・。
その夜、悪い方の女の親が電話してきた、明日4人で話そうだって。どうやらお金(家賃)を返して欲しいらしい。
悪いほうが以前一緒に住んでた、親戚の人も電話掛けてきたが、「追い出したあなたが正解、彼女達が悪い」と言っていた。
11月5日(土)
悪くない方に100レイ返してあげて。本人も納得してるのに。悪い方と親は150レイ返さないと警察に言うとか言ってきやがった。。
1回だけ使った、モンキー(スパナ・工具)が無くなってるし、電気・水道・ガス・電話の請求書が2・3週間後に来るからその後払ってやるって言っても聞かない。今から、田舎に帰るから3週間後に来れないだって。
こっちは、安く住ませて、ガス・お湯使いまくりで損したくないので。モンキーを弁償させることに。
3人で近くの市場(自分が買ったのはチョッと街中の市場だから、ココには売ってないって説明したのに)に行ったが、売ってなかった。
市場に行く途中。家に有ったスーパーの袋とか新聞紙を大量に持って行かれて、1つも残ってなかった話をしたら。新聞はゴミだから捨てたって言ってるけど、袋は?って聞いても新聞は捨てただって。スーパーの袋はあんたの家に有るんじゃ無いのって言ったら、黙った。
早く150レイ返せって言って来るけど、悪くない方に100しか返してないから、モンキー代40レイ引いて60レイ以上返さないと説明。
今、150レイ返してくれたら、3週間後に電気代とか払うからだって。3週間後はキシナウに来れないって言っておきながら・・・信じるかボケ。
じゃあ警察行こうと向こうから行ってきた・・が。
「警察で誰かに盗まれたと話をするから、いいよ。自分は何も問題ないから」って言ったら。急に態度が変わり、「ヌーヌー嫌嫌」って言い出した。さっきまでの警察って脅しは何なんだ?じゃあ60で良いよだって。頭が悪く、自分のことを棚に挙げる奴と話したくなくなった。物凄く貧乏でシツコイし。
11月6日(日)
夕方、知り合いとバー飲んでると、空手の後に行くバーの女の店員から、誕生日パーティーに早く来いって電話が掛かってきた。30分後に行くと返事。
ただ単にレストランバーで飲むだけだと思ってたら、みんなオシャレして来てるし・・。本人はドレス着てるし・・。自分は普通の格好。
まあ自分的には、カメラマンとして呼ばれてるだけだと思ってたから、手ぶらで来ちゃった、後から来た大勢のアルメニア人も手ぶら。
物凄く料理が沢山あった、いったい幾らか掛かってるのか不思議なくらい豪華だったよ。
そんなに追加で料理が来るわけではないけど、全然減らない料理。
目の前にある、生魚をメいっぱい食べる。
飲み物は、コニャック・ウォッカ・シャンパンしかない。嫌いだけど、これも飲みまくる。
6時間くらいたって終わりが近ずいても、料理は3分の1も減って無かったよ。全然手が付けてない皿も多かった。もったいない。
モッタイナイッテ言葉を流行らせる運動が何処かに有ったのを思い出したが、ロシア語でなんて言うか知らないし・・・。
11月18日(金)
空手の先生から電話が有り、3時に来いって言われた。行ってみたら、日曜日は試験日だから合同練習に車で乗せて行ってくれるらしい。
先生調子に乗って飛ばしまくって、路駐の車に追突。で、当て逃げ。
またしても、知らないメンバーが多かった。キシナウで何箇所か極真会の道場があるらしい。みんなココに集まるから、半分以上は知らないひと。
またしても、チビッコに囲まれて質問攻撃・・・。うるさいナ〜。久しぶりに会った女の子と話してたら、大勢寄って来た・・聞くなよ人の話・・。明日も思いやられる。
11月20日(日)空手試験日
最後の方にある、組み手が今回は無いと思っていたらやっつぱり有った。
黄色帯の人達と3回対戦しましたが、2回負けました。1回引き分け。
11月22日(火)
空手の時に出来たアザがまだ残ってるみたいで、色々クラスの人に聞かれた。顔に蹴りが2回入ったからね。
11月24日(木)
朝一でパスポートセンターに行き、無事に外国人用モルドバ国内パスポート(小さいカード)を貰って来ました。これで、パスポートを持ち歩かなくてもよくなった。初めのビザ申請から約2ヶ月掛かった。
学校に行き、授業でいつも一緒に座るウクライナ国籍の子に見せて説明した。彼女も明日申請の準備が出来たみたい。
11月25日(金)
学校初めてズル休みした。今までは1時間目はサボることが多かったけどさ。(人が多くトロリーバスに乗れないし、寒いから)
大家さんが、ケーブルテレビの集金の人に電話してくれたので、無事にお金を払うことが出来たので、1月半ぶりにテレビが見れたよ〜。
11月某日
●鳥ウイルスの報道が多い中、近所の大型スーパーがモルドバ産の豚・牛・鳥って書いた紙を肉のコーナーに張ってありました。なんか余計に買いたくなくなります。(買ってますけど・・)
●最近めっきり寒くなって来ましたが。空手道場では夏と違い暖房のエアコン点けるので暑くてたまらないです。
●ドニエス共和国から来た、クラスの子から現地通貨貰ったのですが、なんと透かしは無いんです。
●蚊がいまだに居て困る。みんなは寒いから居ないって言うけど、それが居るのだよココの家には。
●ウクライナで貰ったモルドバビザが90日って書いて有るけど、9月1日〜12月30日になってるのに最近気が付いた。4ヶ月あるじゃん
12月15日(木)
朝9時からルーマニア語のテストで、マルシルートカで行くつもりが、学校方面のは満員で停まってくれなく、時間が無くなったのでタクシーで行った。
学校に着くと数人しか居なかったし、本館でやるのか普段の建物でやるのかもはっきりしなかった。本館でやるらしく皆で移動した。
自分は10時からロシア語の授業が有るので、普段の場所に戻る。
自分は、ルーマニア語のテストを受ける資格が無いと、先生に言われていた。授業の後に、学部長に聞いたら、授業に出てないらのが問題らしいが、チャンと出てると説明して。
ロシア語の先生と一緒に本館に行って、先生同士話してもらった。そうしたら、なぜかテスト受けずに点数だけはくれた。
1部の人以外は、テストを受けてはいない様だった。モルドバ人は当然満点。
12月17日(土)
英語のテストは、一人ずつ先生となんか会話を話してる人も居れば、直ぐに終る人も。自分は一言も、英語なんかしゃべりませんでした。でも、合格点数はくれました。
12月18日(日)
明日の電話工事の説明に、わざわざ大家がやって来た。欲しいのはインターネットの回線なんだけど、聞くと。ただ2つの線(番号)を引くだけらしい。それじゃあ意味が無いんですけど。
速度が速いのが欲しいと言ったが、モルドバの電話局には無いって言ってた。でも工事費用は大家が出すって言ったので、まあいいか。
12月19日(月)
午後に電話局の人が来て、電話線を引いてくれたけど。今までみたいに、知らない他人と1回線を2つの番号で使うのではなく。この部屋に2つの番号の線を引く。でも、1回線しかないから、結局は同時に2つは使えない。ただ、2つの番号で1回線だから、他人に邪魔されず好きなときに電話が1つだけ使える。なんだかよくわからんシステム。
おかげで、古い番号は無くなり、新しい番号を2つ貰った。
12月20日(火)
昨日、自分の古い電話番号に電話すると、工事後は使用中になっていた。だから、2階のおばさんが電話も回線が使用中で使えないって、抗議に来た。しかし、もう自分はこの人とは別の回線だからもう関係ない。
12月21日(水)
9時からの地理のテストに行く前に、学校近くの市場でコーヒーを買って飲みながら行くと、まだ時間が有るのに誰も校舎の外に居ない。
教室に入ると、1つの机に一人ずつ座ってみんなテストを受けていた。皆に、今ごろ来て〜。って感じで見られた。
自分は一番前の席に座らされた。カンニングしたところで、みんなが書く達筆なロシア語なんか、直ぐにわから無いんだから。
隣の子はコッソリノート見て、そのノートを何故か自分の問題用紙の下に毎回隠す。周りの子も、カンニングペーパー見てるし。自分は専門用語を日本語に訳したのを持ち込みたかったが、自分だけ辞書を見ていいことになってるから我慢する。
テスト中2人の学生が入ってきて、みかんとチョコレートを配っていた。何故か女性はみかん。自分はチョコを2つ貰った。
よく見ると、隣の子は問題用紙(全部4種類)を2種類持ってる。見比べると、全然質問が難しく無い。自分のは、質問のロシア語の意味がさっぱり判らない。次にくる質問から想像してもまったく検討がつかない。先生もっと簡単な(質問が短い)方をなぜくれないの?辞書で見ても判りません〜。
自分以外にも、9時過ぎに来た子が一人居た。自分たち以外は皆、8時からテストだと知っていた。でも廊下の予定表には、すべてのテストは9時からって書いてあるけど・・・。
友達からзачетная книжка成績表を返してもらった。見ると、физкультура体育とか言う科目が合格になっている。でもそんな授業無かったよ。授業時間30時間って書いて有るし。地理の結果は後日。