ウクライナと同じで、変わった出来事や「フ〜ンあっそ、だから?」って内容です。

1月の何時か忘れた冬休み・ルーマニアに行く予定が出国出来なかった編
長期間留守にする予定なので、食べ物をかたずけて、ゆで卵を2つ食べた。それ以外は朝から何も食べずにいたので、スタローバヤで食事してから駅に行く予定だったが、のんびりしすぎて時間がなくなったので、発車の15分くらい前に切符を買ってから、外の売店でチップスやビールを買う。
コンパートメントは英語しか知らない男と、その友達かなんかの英語を喋るウザイ女だった。この女はモルドバ人のくせに、とにかく英語が話すのが立派なのか勘違いさんみたいで、とにかく無駄にウルサイ英語で話し掛けてくる。だから無視。
色々あって・以下省略・お前は最低だとか言ってやった。
国境では「何処にもビザが無いじゃ無いか」って言われたが、何のビザだよ?しかもモルドバのビザって言ってるし。
こちらは、日本とモルドバのパスポートと滞在許可書を見せたが、やはりビザ・ビザうるさい。「自分は何も問題は無いから間違えでは無いのか」聞いたら。自信が無くなったみたいで、「聞いてくるから待って」てだって。
去年の3月15日詳しくはココの税関員は覚えていたみたいで、「今日はどうだ」と聞いてきたが。そんな書類は見せる必要は無いと空港で確認済みだから「見せる必要は無い」と言ったらそれで終わり。やはりルーマニア側の国境は情報が伝わって居るようだ。
ルーマニア側の車輪に変わってから、コントローラーがやってきて、やはりビザが無いから出国は出来ないと言われた。
21時半過ぎに何も無い国境の駅で降ろされた・・・・。
電車は行ってしまったが、何処でビザが貰えるか国境警備の人に聞いたが、近くの町で取れるとか言ってたが、どちらにせよ移動手段はタクシーしかないので、朝行けばって言われたが、朝までココでどうしろと?
駅員はキシナウで切符の払い戻しが出来る様にスタンプ押してくれた。その間に国境警備の人が、やはりキシナウでないと出国ビザは出せないと知らせてくれた。
この駅で24レイ(約210円)で朝までベットで寝れる場所(暖かい部屋)があるから、泊まっていきなさいと言われた。
しかし、お腹が空いてるので近くに居た人に食事の出来る場所を聞いていたら、警察官登場・・・。
モルドバのIDだけ見せたら「これから何処に行くのか?」聞いてきたから、「中心地に行って食事する」って言ったら。
「駅の周りは強盗がたくさん居るから一緒に行こう」と言ってきた。おごらされるだろうから
「あなた達が強盗だよ」って言ったら、他の2人の警察官は笑ってたが、こいつだけ侮辱したと言って怒り出した。やれやれ
結局一人で向かったけど、道路は何もない、文字も何も書いてない、建物に明かりも無ければ街頭も無い、月明かりのみ。
前方に見えるのは、キシナウにも有る映画館ではないかい?ってことはここが中心地かな?
タクシー運転手に高くない食事出来る場所を聞く。で、近くのバーに行ってみればって言われた。
入り口前に若者数人、日本から来たって言ったら、「大阪・すし」って言われた。入ったとたん、皆が驚いていた。こんな時間に中国人(日本人だけど)がリュック背負って一人で、ディスコバーに。
この店の店員が、知り合いの女の子そっくりでジッと見てしまった。
メニューを見て注文したら、「〜は無い、〜多分有る」って言われたが、別に驚かない。だってここでは、お客様は神様ではないから・・。
食べてる途中に、後ろから一緒に飲もうと誘われたので、食事のあと席を移動した。このノリがルーマニアとモルドバの良い所なんだよね〜。
気になったことは、殆どの人がルーマニア語を話してること。国境が近いからなのかな?
小さい街だから知り合いが多いのか、そこら中顔見知りみたいで、みんなで話してた。忙しい店だね。
何でこの時間にココに居るのか不思議らしいが、も〜説明するの面倒くさい。
この人(顔は怖いロシア人)ホモみたいにニコニコしてキモチ悪い。たぶん良い人だろうけど。
この人、彼女に携帯ワン切り(普通は女がワン切り)してた、で掛かってくると嬉しそうにして話してた。
「俺の家に朝まで泊まれよ」とか「一緒にキシナウに行こう、明日外務省に行って俺が出国出来る様に助けてやるから」も〜シツコイ・シツコイ。
駅に向かっていく途中、向こうから男2人が近寄ってきた。ポケットの中で警棒を握っておく。
すれ違った瞬間チラッテこっちを見たから、振り返ったら、殴りかかってきたが。帽子のつばが触れただけだった。空手やってなかったら、多分やられてた。
数歩下がりながら、そこで警棒をだして構えたら、あきらめて行ったが、もう一人の奴は「何やってるの?」って言ってた。
そのまま駅に向かい、24レイ払ってポスポートと引き換えにカギを貰って、寝場所に移動した。3つベットが有った。
言ってた様に寒くないけど、蹴ったら開きそうなドアでチョッと不安、さっきの奴らが来るかもしれんし。
チクチク痒くて寝れません。
朝ここからキシナウ行きの切符を買って電車に乗りました。駅に着いたらあっちこっちたらい回し。切符の払い戻しってこんなに大変だったとは。お金は3分の2くらい戻ってきたよ。

2月2日(木)

今日、botanicaボタニカって言う区で女友達と待ち合わせをしてたら、向こうから警察官がやって着て、コントロールに会いました。外国人用のモルドバ国内パスポートを見せましたが、住所は何処だと聞いてきたけど、そんなことはこのパスポートの番号に入ってるはずなんだけど、こいつらはadeverinta de imigrant(黄色のカード)を見せろと言ってきた。
学校からは、このカード(黄色)は見せなくても、パスポート(外国人国内用)を見せればいいと確認してあったが。
この警察官(3人)は黄色いカードが無いなら、署までこいと言われた、友達に「今から警察署に行くから会えません」って電話したよ。(←馬鹿丸出し)
物凄く怪しい警察署?と言うか汚い詰め所に到着しました。
外国人用の国内パスポートでは、住所が書かれてないのでダメと言われたが。(モルドバ人用だって住所まで書いてないけど)
今晩は1泊お泊りと言われた。まじかよ〜。文京区富坂警察署でも、過去に言われたけど泊まらなかったのに〜。(この時は友達にバイクを盗まれた、しかし何で盗まれた人が1泊って疑問もあったけど・・・)
心の中では、こいつら嘘を言ってるって思ったけど、確かにこのカードを見ただけでは住所は解らない。でも、警察署に行けばコンピュータがあって、自分のパスポート番号を入力すれば、自分のデータが出てくると思って安心していた。
しかし、到着した建物は汚く、1番偉い人の部屋も机と金庫みたいなものしかなかった。チョッとやばいと思った。
お約束の、指を重ねて牢屋の鉄格子みたいに見せて1泊しろと言われた。
学校からも、国内カードを見せるだけで良いといわれていた。
しかし、「意味がわかりません」を連呼してたら怒り出して、ちょっとヤバイと思った。
それが奴らの思う壺。
ただ、この時。ネット上に有る。「日本大使館に電話を掛けさせて〜国際条例違反になります」って書いたメモは見せなかった。
奴らはしきりに、「ここで1泊して、次の日裁判所で罰金を払ったら、パスポートを返す」と言ってきた。
この間色々言われましたよ、ロシア語で。だけど、本当に自分が悪いのであれば、彼らが言う意味も多少は解るが、正確な意味が解るまでは質問をし続けた。なので、ルーマニア語とロシア語で何回も意味が正確に理解できるまで質問しなおした。多少、穏やかになっていたので、嘘を言ってる様な気はしていた。
150レイが罰金って言ってきた。この間自分は、その罰金が書かれているであろう本の名前を携帯に書き込んでたら、さすがに「何をしてる?」って聞いてきた。
ま、結局150レイ1350円払おうとしたら、後50レイ払ったらこの紙を破ってなかった事にするって言われた。
結局200レイ払ったよ。約1800円。
帰りのバスの乗換えで、別の警察官と会ったけど、これらついて質問はしなかた。
とりあえず、家に帰って、このadeverinta de imigrant(黄色のカード)を持って、いつも近所に待機してるが、話をしたことが無い警察官にこの話をしました。
「あ〜なんてこった」みたいにあきれていました。たぶんこちらは、モルドバ人。
つまり、国内カードだけで問題無いと言ってました。
しばらく経って、トルコ人に聞いたけどやっぱりカードだけで問題ないらしい。
その後、いつものバーへ行ってこの話をしました。
その後、外に出てまた別の警察官にこの話をしましたら。
確かに、カードだけでは、現住所は解らないから良くないけど、罰金は払わなくても大丈夫と言われました。(ここは物凄くシツコク確認しました)
つまり、とにかく難癖つけたいみたいです。
結局200レイ払ったけど、その場でその紙を破いてもらったから、ただ単に奴らに200レイあげたことになります。
●日本で売ってるのか知らんけど。ロシア語キーボードUSBを買い損なった。買おうか迷ってたのに、ここで無駄金使ったから・・。
2月9日(木)
学校の帰り、道路の地下に有る雑貨屋で、トイレットペーパーを買ったんだけど、キリがいいから10個買って、透明の袋でよこした。その時警察官がウロウロしてた。地上に出た所で、横から早歩きで警官が寄ってきて、パスポートコントロールに遭った。
もたもたしてると、道路の向こうから緑の蛍光ジャケットの警官がくるじゃあ有りませんか。こいつらが一番たちが悪い。とにかく威張り散らす。で、道路の反対のパトカーの所に自分のID持ってくからついって行った。
住所証明のカード見せなくていいのに見せろって行ってきた。家は近くだが、信じてくれるわけもなく。取りにも行けない。電話で知り合いの警察官に電話したり、空手の先生に電話したり。その間自分はデッカイ声で「賄賂は払わないよ」とか一般人に聞こえるように言ってみたり。
結局、署まで移動?連行?
パトカー内で日本大使館ウクライナに携帯で電話したら、大使館員が「今すぐ警察官と代わってくれ」って言われたけど拒否された。そうこうしてると警察署に到着。
廊下で色々な馬鹿警察官に話し掛けられウザイ。トイレットペーパー沢山持ってるから、余計に変。
途中省略
帰っていいよって言われたが、こちらは連行した警察官の名前を聞くために、まともそうな警察官にたずねた。
しばらくしたら若い女の警察官が来て、話を聞いてくれたが、こいつも威張リン坊で「家に行って住所証明の紙とって来い」って言い出した。
途中省略(結局、家に取りに行ったよ)
夜9時半くらいに、呼び鈴を連続で押されて、ドアおもいっきり蹴って脅かそうと思ったが、大家さん(カワイイし良い人)かもと思いやめたら、警察官2人だった。
1人は昼間の女で、もう一人は知らん男。
おんなは家中をヤサガシして、他に住んでる奴は居ないかシツコク聞いてきた。
この男の方の警察の身分証明書は控えさせてもらった。
おいらは、完全に馬鹿にされてる。
その後、クラスの友達から電話が有って、今から会おうといわれた。そこに行く途中で大使館に電話。
結局、自分の家でみんなで飲んだ。も〜疲れた1日だった。
2月20日(月)
空手の帰り、いつものбарバーへ行ったら、そこには2日に会った警察官がいました。そいつらは外でタバコを吸ってたが、自分は吸わないので店内に入りたいが、何かとイチャモンをつけてきて、中に入れないようにされた。別の警察官とかも何人かいたが、こいつは下っ端だったみたい。
そのものずばり、50レイ(450円)くれって言われた。
ID見せろと言ってきたが、こちらは見せる筋合いはないし、逆にあんたが先に見せろって言ったら。運転免許書を見せてきたよ、で、「番号控えていいよ」だって。騙したつもりだろうけど、馬鹿丸出し。
ちなみにこの馬鹿警察官、萩原流行にそっくりです、だから不気味な笑顔は忘れない。(夢に出ないでくれよ)
どうにか店内に入ってビールを注文、奴らは「あいつ(自分)が勘定払うから俺達にビールをくれ」って言ったような気がしたが、店員は出さなかった。
しまいには、「俺達外でタバコ吸うから、財布預かってくれ」って強引にポケットに入れられそうになったり。どうせ後から、金額が少ないとか言うんだろうけど・・・そんな古典的なワナ。
誰も英語で話せなんて言ってないのに、「英語は苦手なんだよ」とか勝手に言ってるし。でも、それをロシア語で言わせると、意味が違ってくるんだけど・・・・。下手なら使うな。
この萩原流行のそっくりさんは喉が渇いたからって、自分のビールチョコッと飲むし。お金もなければ、プライドも無いらしい。
でも、しょっちゅうこの店にきてるし、チップは絶対あげない代わりに、時々アイス買って行ったりするから、店員はこういうとき見方になってくれる。
今日はめちゃめちゃ暖かいので、店内のガラスが曇って、中の様子が見れないので、奴らがタバコ吸いに行ったときに、店員が気を使って裏口から帰るように開けてくれた。(普段開けないので、なかなか開かなかったのであせった)
さらに別の馬鹿は他の若い客に絡んでるし。お金払ってくださいとか言われてるし。
結局1時間くらい、ビールおごれとかお金頂戴とかしつこかったよ。始めに居た、年配の2人の警察官には、これらの会話は聞こえないように話してた。やっぱ気まずいのね。この2人以外の3人に寄ってたかっていじめられました。エ〜ンエ〜ン。
ビールは奴らが飲んでた、国産じゃなく2倍の値段のロシア産をおごれって言われた。も〜馬鹿丸出し、貧乏くさい。これじゃあ泣き脅し。
その後、日本大使館ウクライナの夜間電話で報告。正直電話代きついです。
●エロサイト宣伝がウザイので、掲示板削除しました。最近こまめに消しても、数時間後には書き込みされてましたので。
2月22日(水)
めんどくさかったので、空手行かなかったんだけど。家に居たら停電になった。いつもなら10分以内に復帰するんだけどしなかったので、近所に買い物に行くために外でたら、近所中停電で真っ暗。
でも、道路の反対側は普通に電気がついてたし、こっち側のキオスクも電気が点いていたが、自分が行く店は停電だからやってないよって言われた。
たぶん、空手教室も同じ区画だからきっと停電してると思う。
こんな時のために買っておいたロウソクの明かりで、食事の準備をした。結局1時間近く停電したままだった。
2月24日(金)
информатика情報・・の授業はキリル文字のみでパソコンを操作する授業です。1時間目の前半は、ひたすらロシア語ソフトでタイピング。後半と2時間目は、ロシア語WORDを使って見本の紙に書かれてる文章を制作。ワードなんて日本語でも使ったこと無いのに、しかもロシア語なんて・・・。毎週これの繰り返し。ココのPCで日本語サイトが見れた。
大学事務所に行くと、学長自ら来週からロシア語教えてくれることになりました。
次に、文学部の事務所に行って明日の説明を聞く。明日(土曜日)は親を連れて学校に行く日みたいなんだけど、自分は一人で参加するのか聞きに行ったら、来なくていいって言われた。多分、授業受けるマナーが悪いって話とか、今後の進路とかだと思う。授業の邪魔者が多いのは1部の人だけ。確かにうるさい
2月28日(火)
●今日は学長がロシア語を教えてくれる予定で、言われた教室に行くと、БАКの生徒が居て歓迎されました。практикум по орфографии и пунктуацииて言う授業だけど、ナニこれサッパリ解らん難しい。。。
●家の近くでトヨタ・ハイエースの新型車を見た。一時帰国した時にも見たこと無いのに、高いからスゴーイって思った、でも後ろぶつかって凹んでた。
●警察署から電話が有り、日本大使館ウクライナからの抗議の話を詳しく聞きたいから、明日署まで来てくれと電話があった。今度は市内中心部の所だからまともだと思う。
●姉からのメールで、長州小力がなんかの優勝したらしく車貰ったみたい。なんか嬉しいね、彼は本当に腰が低くていい奴。
3月1日(水)
●ロシア語の文法の授業が無いから、地理の授業さぼった。
●警察署は受付からしてマトモだった。携帯電話持込禁止で預けさせられた。暇そうな人や、ウロウロしてる人も居なく、ココが総本部だとわかった。
通された部屋では、昨日電話をくれた人が対応してくれて、自分のつたないロシア語もちゃんと理解してくれた。日本大使館ウクライナが書いた抗議の手紙は以外に英語だったので拍子抜けした。
日本語→英語→ロシア語かルーマニア語だから多少意味が違っていそう。そのまま、日本語→ロシア語の方が良さそう。この2枚の文章は読ませてくれましたが、他のモルドバ外務省とかの他の書類は見せてくれませんでした。
しばらくして、罰金を払った警察官が来て色々説明を求められてました。この人は自分にロシア語のты君で話かけたら、担当者が「何でтыで話すんだ、вы貴方で話しなさい」って怒鳴ってました。心の中でザマアミロ。
「この日本人は罰金を払ったと言ってるが、払ったなら書類が残ってるハズだ、見せなさい」とか結構当たり前かもしれないが、自分からすればチョッと嬉しい。当然言い訳してました。
こいつが来る前に、萩原流行似の警察官が、「これは罰金ではなく、賄賂だ」と言ったことも話してあったし。
「彼が牢屋に一泊しろと言ったのは、間違いないか?」
「ハイこの人です」って言ったら、もう怒鳴り散らしてました。(机バンバン)
「ロシア語を間違わないで書けるか?」聞かれたので、「そんなに自信が無い」って言ったら、明日友達とか連れてきてと言われました。通訳が必要とのこと。
3月2日(木)
●学校ではロシアのお祭りとかで、4時間目は無く、みんな集まって芝居をやったりしてました。面白くないので帰りました。
●友達と警察署に行ったら、しばらく待ってと言われて1階の受付で待ってたら、罰金払えと言った昨日の警察官が後からやってきました。
しばらくしたら呼ばれたので2階に行くと、こいつは廊下でウロウロしていた。中に入ると、萩原流行似の警察官がいました。
通訳って言ってたけど、実際は日本語とロシア語両方話せる人が良かったみたい。モルドバにはそんな人居ないだろ。
結局、友達は殆ど会話に入ってこなかった。調書は担当の警察官が自分に質問しながら、書いてました。ルーマニア語かロシア語のどちらが良いか聞かれましたので、ロシア語で書いてもらいました。
この萩原似の警官は、自分で調書を書くときに、担当者のボールペンではなく、「自分のボールペンで書かせてください」とか、どうでもいい様な事を言っていた。
こいつは、20日の日もピザ屋で「自分は200レイ払ってる所は見てない」って言ってたけど、その辺チョッとあいまいだった。
だから、「自分は見てません」って言ってた。それ以外は全て認めますって書いてる時に、自分達は帰って良いよと言われた。
あした、ピザ屋での出来事を紙に書いてくるように言われたので、そのまま友達と喫茶店で書いた。
3月3日(金)
●朝は雪がすごくてバスなんて来なかった。バス停で同じ大学の女の子が歩いて行こうと言ったので、滑らないように腕を組みながら、長い坂を下って行きました。
次のバス停まで歩いてもバスに追い越されませんでした。次の乗り換えのバス停からも歩きました。40分位歩いてやっと学校に到着しました。モルドバでは普通だと女の子は言っていた。何も無い丘をみんなゾロゾロ歩いてるし。
●昨日、別の2人の警察官(てか、誰?)を連れてくると担当者は言っていましたが。そこに居たのは、罰金払え(払った)と言った一昨日の警察官だけでした。
この馬鹿警察官は嘘を突き通すことにした様で、自分が言ってることは全て嘘だと言ってました。(他人からすれば、展開的には面白いが、当事者だけに面倒、仕返しも有り得るし。馬鹿だこいつ)
こいつは、「自分はロシア語が苦手なので、この日本人が言ってるロシア語は全然わかりませんでした」って言ってました。こんな嘘つくな。
実際担当者は、「私は、この日本人のロシア語は理解できるが」って言ったら、「それ以上にロシア語が苦手だ」と言っていた。完全に馬鹿です。
作戦かも知れないが、外国人(自分)よりロシア語が出来ない警察官がいるか?
だいたい、ロシア語が苦手な人間なんて殆ど居ない、ルーマニア語を勉強しに来た外国人か、ド田舎のモルドバ人か?こいつは多少は偉い警察官なのに・・・。
一昨日もそうだけど、担当者とこいつははルーマニア語で話てたけど、自分は大体何を言ってるか解ったが、自分に対してはロシア語のみで話す様に言われていた。
チラリと見えた、モルドバ外務省の書類は、ルーマニア語だった。
注)自分が、会話と文章は全てロシア語を希望したため。
2日の日は、始めに萩原似の警察官に会ったのが17時55分で、開放されたのが約1時間後なのに、こいつは、ロシア語が解らないから2つくらいしか質問は出来なかったって言ってた。だから、15分くらいしか拘束してないと言っていた。
注)日本の人には、ロシア語とルーマニア語の事情が有るので、その辺は現地に住んでみないと解らないかもしれませんが。
当然担当者は疑っていましたが、それを紙に書かせました。物凄く汚い字ロシア語書いてました。スペルも解らないみたいな芝居とか。
来週の月曜日か火曜にに、担当者が自分の家に電話するから、その後、一緒に20日の日のバーへ行って、話を聞くと言ってました。
注)昨日、萩原流行似は、お金を払ってる所以外は全て事実で、自分は払ってる時きは見てませんって言ってました。
●夜、近所のクラスメートとバーに行くと、彼の友達が居たので一緒に飲む。
3月4日(土)
最近の警察官のトラブルを友達に話したくてしょうがない。
10月以来会ってなかった、モルルドバの子(ルーマニアで一緒だった)とその友達と会ってきた。相手の子は大人しい子だった。とにかく喋りまくった。
3月5日(日)
木曜日に、今日のお祭り(Parc Aventura)に出席するかどうか、紙に名前書かされて、書いた人は必ず行かないと行けないと言われていたが、全然クラスの子は居なかった。
居たのは、双子の女の子と数人だけ。自分は日本語が趣味の3年生と行った。出し物は2つの大学しかやってなかった。
近くに、に乗らせて商売(約200メートル90円)してる人が居たので乗ってみる。結構乗り心地悪いね、競馬は興味ないけど結構疲れそう。
近くに、Moldexpoが有るので見に行くと、案内版には結構沢山予定が書いてあったが、今日はコスメ関係みたいだがいちお期待しないで見に行ったら、建物は物凄く立派でかなりキレイだった。結局入らなかったけど、公園をウロウロ。双子の子達と合流して、公園内のフライングカーペットじゃなくて、似たような感じの回転する奴に、双子の姉と乗る。
コーヒーカップじゃないけど、車の形して、物凄い速さで不規則に揺れながら周る奴は妹の方と乗った。体に悪いな、チョッと足ガクガク。
3月7日(火)
日曜日の写真と、ウクライナの写真を学校にもって行ってクラスの子に見せたら、みんな見たいと言ってた。授業の後、一緒に行った3年生の人にも写真を見せたら、なんとモルドバの子(ルーマニアで一緒だった)とшколь(日本で言う小・中・高)2年間同じクラスだったと言っていた。世の中狭いね、モルドバ(面積)も狭い。「私達はブカレスト大学でルーマニア語を一緒に勉強してた」って言ったら驚いてたよ。
3月8日(水)
今日は女性の日なので学校は休み。空手も3人しか居なかったし、先生が事務所から来ないので帰ってきちゃった。
ロシアのテレビ局でタイタニックやってたので途中からみた。最後の字幕は画面のした4分の1で、めちゃめちゃ速いしCM中だし。ここまでするならカットしろよ。そう言えば去年もタイタニックだった。
3月12日(日)
空手の試験日です。無事に8級(青帯)になりました。今回は飲み会無し。
書き忘れましたが、年末の29日に、空手の仲間で忘年会が道場でありました。会費900円じゃあ高いよ、みんなしてルーマニア語しか喋らないから、2人位は会話に入ってこなかった。
3月19日(日)見ちゃいました
夕方、家の中を人影が音も無く通り過ぎました。昼間は台所で奇妙な音が数回したから、2回ほど様子を見に行った。
今までも奇妙な音はしてましたが、気のせいだと思うようにしてましたので書きませんでした。
今度も詳しく書きますのでお待ちを。
3月25日(土)
ロシア語キーボード接続しても、ホームページ・メールボタン以外は動かなかったので、コンパックのサポートに以前メールしたのだけど。普通はUSBに差し込んだだけで使えると書かれていたが、初期設定に戻すやり方が出てたので、それをメモして置いて。試しに別のポートにさしたらチャンと動きました。前回は動かなかったのに〜。
キー上は7のところにが有ったりしてロシア語入力ではいいのだけど。8・9の所の( )が一つずれてるから、ノート側のキーボードで打たないと面倒。
これで多少はロシア語入力が楽になればいいけど。_アンダーバーも何処か解らん?
3月27日(月)
空手に来てる女の子に、ルーマニア文学の宿題やってくれるように頼んだ。ずるいけど
12日の空手の試験の不合格者を再度選考してた。組み手でボコボコにしたから勝ったけど、皆から「奴に勝たせないと、奴が進級出来ない」と言われた。こっちはそんな事気にして無いから、とにかく殴りまくった。おかげで左手コブシがパンパンに腫れた。痛いです。だから彼はまた進級できなかった、後日また選考がある。
●空手の後、気分が良かったので、酔った勢いで隣の家で更に飲みました。隣の家では、物音はしないらしい。
3月31日(金)
2週連続で情報の授業さぼった。
空手教室では、テレビ局の取材が来ていた。だから、普段来てない生徒が沢山来ていたが、小さい子や空手着着て無い人は別の場所に移動されてた。
来週の金曜8時10分位にeuro tvでやるみたい。