hotel Carpat
i
ルーマニアに着いて、ガイドブックに出てたホテルに行って見ると、つぶれていた。隣のカフェにいた人がカルパチを教えてくれたので行って見ると、偶然日本に住んでると言うエジプト人がいた。
トイレシャワー共同 テレビ 冷蔵庫付き 1部屋500.000LEI 朝食込みでした。(数ヵ月後遊びに行ったら値段があがっていました。)
建てもは古いですが、常に綺麗にしてるのでお奨めです。
はじめは、いつまで居るのか不思議がられましたが、しばらくすると色々話かけてくれました。
洗濯も掃除のおばさんに言えば喜んでやってくれます。100.000LEI位
小さいホテルですが、常にフロントに人が居ます。夜はオートロックでさらに安心です。
ずーと滞在してたので、掃除も時々にしてもらってました。
近くにマクドナルドもあるし、小さな商店も沢山あり、チシミジウ公園も有り静かです。
アパート
何種類か売ってる個人売買専門の新聞を買ってきて、自分の住みたい条件に合う物件を探して、そこに書かれてる電話番号に直接かける。
電話番号が同じで、条件が違う物件が多く載っているのは、そこが不動産屋として広告を出しているので、直接店の場所を聞いて行って見るほうが、言葉の面でいいかも。そこを探すのが大変だけど・・・。
道路から見えるアパートのベランダに電話番号が書かれてる場合は、そこが不動産屋だったりするので、「今、下にいます」って電話して事務所に行って見よう。
契約
一般的に3ヶ月前払いで、1ヶ月分の半額が不動産屋の仲介手数料みたいです。
自分の場合は、センターで、1ルーム、机、ベット、風呂、洗濯機付で200ドルで探してもらったら、Piata Revolutiei 革命広場で洗濯は隣の大家さんに毎回洗濯機使わして貰うことで契約しました。
ここでは、何人で住むかで金額が変わる場合があるので、途中から人が増えると面倒なことになるので注意しましょう。(暖房費などを建物の人数で割って一人分を出すため)
外国人は住所登録の義務があります。
自分の所は、オフィスが沢山入ってるフロアだったので、平日は賑やかで良いのですが、土曜日曜は不気味な位静かでした。
注意1
日本人は犯罪に巻き込まれると思ってますが、ルーマニア人から見ても日本人でも悪いことをすると思ってる人がいるので、日本人と言うと急に部屋がないとか、大家が貸したがらないと言われるので素直にあきらめよう。オボール付近は中国人が多いから貸してくれるかも。
Piata Romana や Calea Dorobanti などは高級住宅地なので高いです、逆に南に行くと安いです。
日本と同じで、エントランス1階にもカギが付いている所が多いです。
自分のとこは、エントランスと自分の階と、部屋のカギが2つの、全部で4つでした。
部屋のカギは、住人が変わってもカギは変えないので注意が必要です。
注意2
個人の大家が何部屋かを貸しだす方法なので、普段は物置きになってる場合が多いので、自分の留守に勝手に入って荷物を取りに来たりするので驚かないように。
自分の場合、留守に勝手に入ってくる大家さんではなかったです。(隣に住んでるため。)
暖房
ラジエターに市が勝手に供給してくれますので、アパート全体の人数で割って請求されます。
ちょ〜寒い日は、生暖かいお湯しか流れないので寒いのですが、暖かい日は熱いお湯が流れてるので、夜は寝れないくらい暑いです。
水・お湯
シャワーのお湯は、茶色いです。でも水はちゃんと透明です。
自分のアパートではしょっちゅう、水道工事してましたので、水は出ない、サビ水が出ることが多かったです。(1階にちゃんと工事時間は書いてあります。)
Garsoniera1部屋
値段は80ドル〜300ドルなど、幅が広いです。
安ければ洗濯機が無いとか、ベットが無いとか色々不便です。
洗濯機も、400ドル位するので気軽に買えません。現地の友達で一人暮らしでも、洗濯機もってるって言ってた。クリーニングに出すとかなり高くつきます。(洗濯1回分で、500.000LEIもとられた。2千円くらい)
電気
220ボルトなので、お湯が沸くのがメチャ早い。
蛍光灯が少ないので、オレンジ色の電球が暗く感じます。
冷蔵庫もよく冷える????友達の冷蔵庫も常に冷凍庫って言ってた。メモリは限りなく0に近いのに〜何で凍るの?
自分のはドアを触ると毎回シビレタ(感電)。静電気と違って一瞬じゃないし、強力だし。(勇気の要る冷蔵庫緊張する、安心してドアも触れん。この話をするとみんな大爆笑。)
テレビ
だいたいアパートについてます。
多くの場合有線が入っているので、ヨーロッパの番組が見れます。35チャンネルくらい。